安さにつられない!美容整形クリニック選びの基本

整形でのセカンドオピニオン

カウンセリング

東京でのセカンドオピニオン

東京の美容整形クリニックは数多くの著名人も通う高い技術を持っているところが多くあります。しかし、中には安さに主体を置いてカウンセリングも不十分なままに美容整形を行なうクリニックもあります。東京の有名な美容整形クリニックでは、そうした美容整形失敗のセカンドオピニオンを多く受け入れています。そのため、東京の人気クリニックでは、セカンドオピニオンのカウンセリング時間が十分に取れないなどの問題も抱えているケースがあります。確実に自分の理想通りにするためには、マッチするクリニックを探すことが必要です。理想のクリニックを見つけるまでは自分で探すと時間がかかるので、ネットの口コミなどでも人気のクリニックから当たってみると良いでしょう。初動で信頼できるクリニックを探せば、セカンドオピニオンで人気のクリニックでもカウンセリング時間が十分に取れなくなるリスクを減らすことができます。自分の施術に向いているクリニックを探すようにしましょう。

セカンドオピニオンはすべき?

施術例や人気、口コミなどから見ても、結果的に人同士の相性が重要になることも多くあります。カウンセリングの施術提案が申し分なくても、「これができないなら、別に行く」など医師と患者、お互いの見解や希望の違いが起きることは考えられます。そうした場合、納得のいかない状態で手術を受けると、坊主憎けりゃ袈裟まで憎いと手術後の出来上がりにも納得できない点を探してしまうでしょう。そうなると事態が泥沼化しますので精神面・金銭面的にも、自分が納得して手術を受けることができる美容整形クリニック・医師を探すことが最重要です。相談段階でよく考えて、術前でセカンドオピニオンして、納得のうえ施術を受けられるクリニックを見つけましょう。術前の方がリスクが少なく、大きなトラブルになりにくいです。カウンセリング段階で「合わない」と思ったら、次の美容整形クリニックにセカンドオピニオンを受けてみると良いでしょう。

東京でも多い失敗事例は二重整形

二重整形は、まぶたなどを切開せずに糸で留める二重整形施術・切開を行なう二重整形施術があります。糸で留める二重施術はプチ整形として、東京でも多くの患者が行なっています。価格が安めで施術時間やダウンタイムが短いことでも人気があります。しかし適切な施術でない場合は、まぶたを留めていた糸が取れて元に戻るケースや、糸の結び目が目を傷つけるケースなどの問題が発生することがあります。まぶたの脂肪が厚くて、糸で留められるような状態でないのに施術をしてしまうクリニックも少なからずあります。東京のセカンドオピニオンにはこうした二重トラブルで相談に来る事例が多いそうです。そうならないように、しっかり施術ができる美容整形クリニックを選びましょう。